自動車保険の自賠責保険は自動車等を所有している人は必ず加入し、事故の被害者は賠償金を受け取ることができます。

自動車保険において自賠責に加入しないとどうなるか

Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

SITE NAVI

自動車保険の自賠責保険について

自動車保険には二つのタイプがあります。
自賠責保険と任意の自動車保険です。
「自動車損害賠償保障法」という法律で自賠責保険は自動車や原動機付自転車を所有する、または運転者が必ず加入しなければならず、強制保険と呼ばれています。
この保険は被害者を救済することを一番の目的とし、対人賠償に限られます。
その為、加害者の怪我や自動車等の破損には賠償金は支払われないのです。
加害者が被害者に対し賠償金を支払う能力がない場合でも自賠責保険により、被害者は一定額の賠償金を受け取ることができます。
自賠責保険の支払い限度額は怪我の場合、約120万円、後遺障害は、障害の程度によりますが約75万円〜3000万円程度になります。
介護が必要になった場合は、4000万円程度の支払いになることもあります。


自賠責保険は対人賠償だけの支払いに限られ、十分な補償とは言い切れない部分がありますので、これを補う任意の自動車保険も必要になります。
自賠責保険では、事故を起こした場合たとえ過失がなくても賠償責任が発生します。
これを無過失責任と呼びます。
被害者に全ての過失が認められる場合はまれで、ほとんどの場合、加害者が賠償責任を負います。
もし、自賠責保険に加入しなかった場合や加入していたとしても自賠責保険証明書を携帯していなかった場合には罰則があります。
未加入の場合は1年以下の懲役または50万円以下の罰金、免許停止処分(違反点数6点)の罰則で証明書不携帯の場合は30万円以下の罰金となっています。

関連サイト