自動車保険のうち自賠責は全ての車両に契約が義務づけられている被害者のための保険で強制保険とも呼ばれます。

自動車保険において自賠責に加入しないとどうなるか

Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

SITE NAVI

全ての車両に契約が義務づけの自動車保険の自賠責

自動車を運転するにあたって、万が一の事故に備えて契約するのが自動車保険です。
自動車保険には2種類あります。
ひとつめは自動車損害賠償保障法という法律によって公道を走行する全ての車両に契約が義務づけられている自賠責保険です。
自賠責保険の正式な名前は自動車損害賠償責任保険といい、法律で義務づけられているので強制保険とも呼ばれています。
自賠責は万が一の事故の時に被害者を救済することを目的にしている保険で、被害者への最低限の補償は自賠責から受けることができます。
自賠責保険は損保各社が取り扱っていますが、損保会社の他にも共済組合が扱う自賠責共済があり内容は同じになっています。
また自賠責保険に関しては、どこの損保会社あるいは共済組合で契約をしても保険料は同じです。

自動車保険のうちでも自賠責保険には大きな特徴があります。
それは、自動車の運転をしていて他人にけがを負わせたり死亡させてしまった場合を補償するということです。
つまり自賠責保険では対人賠償だけを補償し、対物賠償は補償しません。また被害者救済を目的にしている保険なので自分についての補償もありません。加害者が契約している保険会社に対して被害者が直接保険金や共済金の請求ができるのも自賠責保険の特徴です。
また、事故にまつわる当面の出費に充てる目的で被害者は仮渡し金を請求することができます。
補償の上限については被害者1名ごとに限度額が定められていて、1事故で何人かの被害者がいたとしても被害者1名あたりの支払限度額は同じです。
自賠責保険は125cc以下の原付にも加入義務があり、法律で定められているので加入していないと罰則があります。
また、自賠責保険とは別に自由に契約できる自動車保険が任意保険です。