自動車保険の中でも強制保険と呼ばれている自賠責保険が、どういったことを補償してくれるのかお話します。

自動車保険において自賠責に加入しないとどうなるか

Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

SITE NAVI

自賠責は車の持ち主全員が加入しなければならない自動車保険です

車を持っている人が必ず入らなければならない自動車保険、自動車損害賠償責任保険。通称、自賠責保険。この任意保険ではないところが特徴である保険です。
車だけでなく、原付にも課せられています。
自賠責は、対人保険で、主に交通事故で被害者側になった場合の補償をしてくれます。
この保険に加入していれば、被害者側になった時に申請をすれば、最低限の金額の補償を直接受けることが出来ます。
つまり、加害者側を通さなくていいということです。
また、この保険の大きな特徴としてあげられるのが、怪我をしていれば被害者とみなされて、補償を受けられる点です。
被害者は加害者がいて、なんらかの原因で交通事故に巻き込まれた場合のことをさしますが、この保険は、交通事故で怪我をしてさえいれば、補償をしてくれるのだそうです。

こんなに手厚く補償してくれますが、あくまで対人保険なので、物損や単独事故で車が故障してしまった場合などには適用されません。こういった場合に備えるためには、任意保険の車両保険で、車両と物損、どちらも補償してくれるプランに加入するのが良いです。
自賠責と合わせてこちらも加入しておきましょう。また、この自賠責保険の払い込みをご自身で行っている方はわかると思いますが、払い込みが終了すると、ステッカーを受け取ります。
これは原付や車に貼りつけることが義務化されています。
逆に、貼りつけていないと走行することができません。払い込みが終わって安心してしまわずに、しっかりと指定の位置にステッカーを貼りつけましょう。しっかりと払い込み、安全運転を心がけましょう。