主人が追突事故に遭い、ムチ打ちになりました。こちらの過失は0なので相手方の自動車保険から医療費が払われました。

自動車保険において自賠責に加入しないとどうなるか

Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

SITE NAVI

事故でムチ打ちになり相手の自動車保険で医療費が支払われました

主人から職場に電話が掛かり、追突事故に遭ったと連絡がありました。
首に痛みがあるので、病院に行っているという連絡でした。
主人は信号待ちで停車していた所を後ろから車に追突されました。
車は、かなりの破損で結局廃車になってしまいました。
主人は病院に行ってむち打ちと診断されました。
首に痛みがあり、通院する事になりました。
主人が停車中に追突されたので自動車保険での主人の過失は、0になり、ムチ打ちに掛かる医療費は、相手方の自動車保険から支払われる事になりました。
ムチ打ちですから、なかなか治らず当分治療に通いました。
相手の保険会社からは、まだ治らないのかという電話が掛かって来ましたが、一旦治療を打ち切ると痛みが出た時に自費になってしまいますから、こちらも治っていないのに治療を打ち切る訳にはいきませんでした。

相手方としては、ムチ打ちの治療が続いているといつまでも事故の処理が終わらないようで嫌なようで相手方の人からも連絡がありました。
相手方の心情も分かりますが、治らないのに治療を終わらせる訳にはいかないのでこちらが被害者なのに何だか困りました。
結局2カ月治療に通い、相手方の自動車保険から治療費が支払われました。
今回の事故では、主人は被害者でしたが、いつ逆の立場になるか分からないと感じました。
自動車事故は、被害者も加害者も失う物が多いです。
もしもの時に自動車保険を充実させる事は大切な事だと実感しました。